終活のススメ

お葬式

人はいつか死亡します。

必ず起きることですが、意外と目を背け勝ちです。
何故でしょうか?

一つには死と向き合いたくないということがあるでしょう。
もう一つは、残された人が何とかするだろう。という楽観的思考。

筆者は仕事柄、相続の揉め事案件に遭遇します。

財産があれば、奪い合い、負債があれば押し付け合い。
なかなか激しい現場です。

相続される方は、理性的な人間を演じているようで、心のエゴが溢れているのが見えて、非常に興味深い事もあります。
お亡くなりになった方は、さぞかし草葉の陰で悲しんでいる事でしょう。

個人的見解ですが、相続で揉めてしまうのは100%親の責任だと思います。

財産や負債は、残された人がどう分配するかを決めるのではなく、譲り渡す方が決めるのが筋です。

お年玉だって、渡すほうが相手の年齢を見て決めますよね。
子供が結婚する時のお祝いだって、渡す側の親が金額を決めます。

受取り側が金額を決めるなんて聞いたことがありません。

と言っても、例外があります。
それは、おねだりです。

子供の頃、お小遣いをおねだりしたことは誰もがあるでしょう。
大人になっても、家を買うからという理由で資金援助をお願いした人もたくさんいる事でしょう。

ただおねだりであっても、親は、総合的に勘案して贈与する金額を決めます。

長女にはいずれ介護をしてもらう事になるから、少し多めに上げよう。
末っ子は、さんざん手を焼かされたから、お金を上げると堕落するに違いない。

そういった一つ一つの歴史を鑑みて、贈与をするのです。

現代の法律では、法定相続分という摩訶不思議な似非平等のシステムが稼働しています。

介護をする子供もしない子供も、墓守をする子供もしない子供も、全員相続分は一緒です。

やらないもの勝ちの相続システムです。
自分が死んだ後、平等に分けなさい。などと言ってもそれは無理というものです。

であるならば、残す親の方が、分配を決めるべきでしょう。
遺言書

幸いこの国には遺言制度があります。

自分の意思を残せるのです。
遺言は何回でも書き直すことができます。

現時点での遺産の分配方法を決めることができます。

その際、その分配方法に至った経緯、思いを併記することをお勧めします。
遺産は渡して終わりではなく、親が子供にできる最後の教育です。

何を思い、子供に何を伝えるのか?
自分が死んだ後、子供、孫にどう生活をしてほしいのか?

最後の意思表示です。

終活をすることは、自分自身の気持ちの整理も付くと共に、残された人に迷惑をかけない。という点でも重要です。

メール読者様限定で「お金の知識」を配信しています。ご登録ください。 merumaga

杉山善昭先生お金の仕組み研究家

投稿者プロフィール

(有)ライフステージ代表取締役、(公社)神奈川県宅建協会中央無料相談所相談員
任意売却に精通する宅地建物取引士であり、金融知識が豊富。
投資家としてビジネスコンサルも手掛ける。
プロフィール続きを見る

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨を稼ぐ
    仮想通貨は何かと世間を賑わせていますね。 流出問題が起こるたびに乱高下を繰り返していて、イマイチ信…
  2. 沖縄ザビーチタワーホテル
    湧いたマイルで沖縄旅行に行ってきました。 湧いたというよりも、「もらった」と言う方が正しいですが、…
  3. ブログ画像
    ブログを書いてウェブサイトを運用し、広告掲載による収入を得ようという稼ぎ方がありますね。 実際私も…
  4. 不動産投資
    不動産投資の失敗事例が巷に溢れています。 何故、不動産投資で失敗すると思いますか? その…
  5. 少額貨幣
    私達は毎日、お金を使って生活をしています。 「私、今日1円も使わなかったよ!」という節約家もい…
  6. 楽天
    ふるさと納税という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思いますが、あなたは活用しているでしょうか? …
  7. ゴージャス
    お金を稼ぐというと、すぐに働いて給料をもらう事に意識が行くと思います。 確かに、世の中のほとん…

話題をチェック

  1. 連帯保証人
    「連帯保証」と「連帯債務」の違いはご存知でしょうか? 住宅ローンを組む際によく出てくる話ですが…
  2. 生命保険
    生命保険と聞いて「あぁ入っているから大丈夫」と答える人は多いと思いますが、では何の保証がいつまで続き…
  3. ブログ画像
    ブログを書いてウェブサイトを運用し、広告掲載による収入を得ようという稼ぎ方がありますね。 実際私も…
学校では教えないお金の知識にあなたの専門知識を寄稿しませんか? 寄稿者募集
ページ上部へ戻る