ビットコイン増殖記録

ビットコインを増やす200617

こんにちは、杉山善昭です。
5月4日にupしたこちらの記事。
ビットコインが年利4.08%で毎日複利で増える方法を書いた記事です。

現時点での記録をつけておきたいなと思いまして、記事にすることにしました。
論より証拠まずは画像をお見せしますね。
ビットコインを増やす200617

ご覧のように、毎日0.00000976 BTCの利息を得ることができています。

0.00000976 BTCがいくらか?
この記事を書いている時点で日本円換算9.9円です。
「毎日」という所がポイント。

複利と言う言葉を知らない人はいないと思いますが、毎日複利で金利が付くのは相当スゴイのですが、どのくらいスゴイかというと、、、

複利計算サイトでご確認ください(笑)

スタートした5月3日時点が0.00000010BTC=0.1円でしたから99倍になりました。

現時点での残高が0.08912502 BTC(右上の値)となっています。日本円で90,592 円になります。
このうち、私が現金で入れたのは、86,360円。

従って、4,232円増えたことになります。

この増えたビットコインは、サイトでの金利の他、https://freebitco.in/内にあるロールと呼ばれるもの。
1時間に1回、まわすことができ、最低でも0.00000021 BTCが受け取れます。
※BTCの相場変動により受け取れるBTCは変動します。

私は1回だけ、下から二つ目が当たりました。
ロール当選

といっても、2円ですが、、、(笑)

話を4,232円増えた話に戻しましょう。
増えた要因は、金利とロールともう一つ。

こちらの記事で書いたように


フォーセットからタダでもらったビットコインです。
1回1回のもらえる暗号資産は微々たるものですが、毎日アクセスするとボーナスポイントが付いたりして、増えて行きます。
チリツモという言葉がありますが、正にその通り。

先ほど、「私が現金で入れたのは、86,360円」と書きましたが、実はこの86,360円。
元を辿れば不労所得です。
ブログの広告収入等、正しく言えば半不労所得といった所です。

そうそう、写真の売れた代金も入っています。


こちらもほぼ不労所得になります。

確かウォーレンバフェットさんの本だったかと思いますが、「コップの水は飲むな」という言葉があります。
コッピの水ではなく、コップからあふれた水だけを飲むということで、要するに増えたお金だけを使えと言う意味です。

更に言えば、コップからあふれる水も、水を増やす為に使う。
こうすると増えるスピードが更に加速するのです。

メール読者様限定で「お金の知識」を配信しています。ご登録ください。 merumaga

杉山善昭先生お金の仕組み研究家

投稿者プロフィール

(有)ライフステージ代表取締役、(公社)神奈川県宅建協会中央無料相談所相談員
任意売却に精通する宅地建物取引士であり、金融知識が豊富。
投資家としてビジネスコンサルも手掛ける。
プロフィール続きを見る

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 旅行
    ポンと100万円臨時収入が入ってきたら、あなたは何に使いますか? パーッと旅行に行きますか? …
  2. ブログ画像
    ブログを書いてウェブサイトを運用し、広告掲載による収入を得ようという稼ぎ方がありますね。 実際私も…
  3. 不動産投資
    不動産投資の失敗事例が巷に溢れています。 何故、不動産投資で失敗すると思いますか? その…
  4. ビットコインを増やす200617
    こんにちは、杉山善昭です。 5月4日にupしたこちらの記事。 ビットコインが年利4.08%で毎日…
  5. ゴージャス
    お金を稼ぐというと、すぐに働いて給料をもらう事に意識が行くと思います。 確かに、世の中のほとん…
  6. 沖縄ザビーチタワーホテル
    湧いたマイルで沖縄旅行に行ってきました。 湧いたというよりも、「もらった」と言う方が正しいですが、…
  7. 楽天
    ふるさと納税という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思いますが、あなたは活用しているでしょうか? …

話題をチェック

  1. 仮想通貨を稼ぐ
    暗号資産(昔は仮想通貨と言われていました。定義を詳しく知りたい方は日本銀行:暗号資産(仮想通貨)とは…
  2. 飛行機
    仕事で大阪に行く頻度が高いでのですが、毎回行き方に悩みます。 値段はもちろん大切ですが、その上…
  3. 不動産投資
    不動産投資の失敗事例が巷に溢れています。 何故、不動産投資で失敗すると思いますか? その…
学校では教えないお金の知識にあなたの専門知識を寄稿しませんか? 寄稿者募集
ページ上部へ戻る