連帯保証と連帯債務

連帯保証人

「連帯保証」と「連帯債務」の違いはご存知でしょうか?

住宅ローンを組む際によく出てくる話ですが、学校では教えません。

今回はその違いについてのお話しです。

まず、言葉は似ていますが、似て非なるものです。

連帯保証とは、お金を借りた本人が存在し、その買主が支払いをできなくなった場合に初めて連帯保証人が登場することになります。

借りた本人(債務者)が返済をしている限り、保証人は何の負債も負わない事になります。

さて、借主が負債を返せなくなった場合、どうなるでしょうか?
貸主は、本人、連帯保証人のどちらにでも請求することができます。

この時、連帯保証人としては、まずは借主にお金を返すように申し入れたい所ですが、この主張は認められません。
仮に、借主がお金をたくさん持っていることが確実だとしても、貸主に対して、「借主から先に取り立てをしてほしいと」と主張することはできません。

連帯保証人は、貸主の求めに応じて弁済をした場合、当該弁済分を借主に請求することができます。

この時、借主が自己破産をしてしまったとしたら、、、原則取り立てができないことになります。

では次に連帯債務者の方を見てみましょう。

連帯債務とはその言葉の通り、連帯して負債を負っている状態です。
よく夫婦で住宅を購入する際、住宅ローンを連帯債務で借り入れしている事があります。

連帯債務は連帯して負債を負っているのですから、例えば二人で7,000万円の住宅ローンを連帯債務で借りている場合、各自は7,000万円の負債全体について返済の責任を負っている事になります。

7,000万円の半分ではないのです。

また、連帯保証の場合、借主が返済遅滞の状態になって初めて連帯保証人に請求ができますが、連帯債務の場合、債権者はいつでも、債務者のいずれかに請求をすることができます。

メール読者様限定で「お金の知識」を配信しています。ご登録ください。 merumaga

杉山善昭先生お金の仕組み研究家

投稿者プロフィール

(有)ライフステージ代表取締役、(公社)神奈川県宅建協会中央無料相談所相談員
任意売却に精通する宅地建物取引士であり、金融知識が豊富。
投資家としてビジネスコンサルも手掛ける。
プロフィール続きを見る

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産投資
    不動産投資の失敗事例が巷に溢れています。 何故、不動産投資で失敗すると思いますか? その…
  2. 少額貨幣
    私達は毎日、お金を使って生活をしています。 「私、今日1円も使わなかったよ!」という節約家もい…
  3. ブログ画像
    ブログを書いてウェブサイトを運用し、広告掲載による収入を得ようという稼ぎ方がありますね。 実際私も…
  4. ゴージャス
    お金を稼ぐというと、すぐに働いて給料をもらう事に意識が行くと思います。 確かに、世の中のほとん…
  5. 仮想通貨を稼ぐ
    仮想通貨は何かと世間を賑わせていますね。 流出問題が起こるたびに乱高下を繰り返していて、イマイチ信…
  6. 楽天
    ふるさと納税という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思いますが、あなたは活用しているでしょうか? …
  7. 沖縄ザビーチタワーホテル
    湧いたマイルで沖縄旅行に行ってきました。 湧いたというよりも、「もらった」と言う方が正しいですが、…

話題をチェック

  1. 投資
    投資と聞くと、スグに株などの金融投資が浮かぶかもしれません。 今なら仮想通貨でしょうか? し…
  2. ブログ画像
    ブログを書いてウェブサイトを運用し、広告掲載による収入を得ようという稼ぎ方がありますね。 実際私も…
  3. 飛行機
    仕事で大阪に行く頻度が高いでのですが、毎回行き方に悩みます。 値段はもちろん大切ですが、その上…
学校では教えないお金の知識にあなたの専門知識を寄稿しませんか? 寄稿者募集
ページ上部へ戻る