今の収入と未来の収入

給料明細

今回は、収入のお話しです。

唐突ですが、現在の収入に満足されているでしょうか?
お聞きして、満足しているという人と、満足していないという人がいることは言うまでもありません。

満足している人は良いのですが、問題は今の収入に満足していない人。
今の収入に満足していない人とは、どういう状態か思考をめぐらせてみたいと思います。

今の収入に満足していない状態というのは、自分の能力に比べて給料が安いと感じてる状態です。

ここで考えたいのは、そもそも給料とは何か?ということです。
現在の給料は、勤務先がその人に対して行った社会的評価です。

重要なのは、社会的評価は自分で変える事ができるという事です。

真っ先に浮かぶのが「転職」ですね。

確かに、現在の給料に不満があるのであれば、もっと高い給料をもらえる会社に転職するという選択肢があります。
現在の会社がその人の評価を間違っていることも十分あり得ますからね。

転職ができるのであれば、積極的に転職すればいい。
それは分かっているけれど、なぜ、転職をしないのか?

きっと心のどこかに、転職しても給料が上がるどころか、下がってしまう可能性が高い。と感じているのではないでしょうか?

ここにジレンマが生じます。
給料に不満があるけれど、転職という行動には移せない。ジレンマです。

ただ、冒頭で記載した通り、現在の給料はその人の社会的評価です。
過去から来た自分の結果が、今の所得となります。
従って、今すぐ収入を上げることは非常に困難であると言わざるをえません。

では、転職以外に給料を上げる方法はないのか?

転職以外に給料を上げる方法はあります。
給料の明細

重要な事を書きますが、現在の給料は過去の行いの結果で、将来の給料は今からの行いの結果決まる。という事です。

今を嘆いていても何も変わることはありませんが、現在から努力すれば将来の所得を増やす事は十分可能です。

もちろん、努力がすぐに実を結ぶことはありません。
ある程度長い時間が必要です。

しかし、今満足な収入を得ている人は、程度の差はあれ長期間に渡り努力してきたことは間違いありません。

勉強が全てではありませんが、幼少のころから勉強してきて一流大学に入った人はそれなりの収入を得られて当然です。
私は、人様に自慢できる学歴がないので、社会に出てから人の倍、努力をする必要がありました。

不動産の知識を得ることはもちろん、独学でホームページ作成の勉強をしたり、心理学を学んだり、競売の元となる民事思考法や破産法を独学で習得しました。

ちなみにこのウェブサイトも自作です。

既に不動産業に携わって29年になりますが、積み重ねの毎日です。
誰にでも、今のお仕事に関係することで、努力できる事があると思います。

先日、ルート運送の運転をされている方から相談がありました。

どんな相談かと言うと、運転手という仕事は若い人がやっても、高齢者がやっても結果が同じ。
むしろ若い人の方が体力がある分、無理もできる。
5年後、10年後の自分がこの仕事をできるのかどうか心配でたまらない。
というものでした。

私は、コミュニケーション技術を磨いてみてはどうでしょう?
とアドバイスをしました。

配送先にも取引先のスタッフさんがいるでしょうから、回る先のスタッフさんの顔と名前をリスト化しておき、会話を全て記録しておく、次に回った際にその会話を覚えておいてお話しをする。という具合です。

また、配送する際、ホウキとチリトリ、ビニール袋を用意しておいて、配達した後に軽く掃除をしてみたらどうでしょう。
自分が荷物を配送することで、少々とはいえ汚れるかもしれません。
だから少しだけ掃除をする。

おそらく日本中探してもこんなドライバーさんはいないと思います。

人と違う事をして、相手に喜ばれれば、違う未来がやってきます。

どんな仕事でも改善する余地は必ずあります。
その改善ができる人こそ、会社になくてはならない人材です。

業界の常識という殻を破って発想、行動すると違う未来が開けます。

メール読者様限定で「お金の知識」を配信しています。ご登録ください。 merumaga

杉山善昭先生宅地建物取引士、投資家

投稿者プロフィール

(有)ライフステージ代表取締役、(公社)神奈川県宅建協会中央無料相談所相談員
任意売却に精通する宅地建物取引士であり、金融知識が豊富。
投資家としてビジネスコンサルも手掛ける。
プロフィール続きを見る

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産投資
    不動産投資の失敗事例が巷に溢れています。 何故、不動産投資で失敗すると思いますか? その…
  2. ゴージャス
    お金を稼ぐというと、すぐに働いて給料をもらう事に意識が行くと思います。 確かに、世の中のほとん…
  3. 少額貨幣
    私達は毎日、お金を使って生活をしています。 「私、今日1円も使わなかったよ!」という節約家もい…
  4. 楽天
    ふるさと納税という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思いますが、あなたは活用しているでしょうか? …
  5. ブログ画像
    ブログを書いてウェブサイトを運用し、広告掲載による収入を得ようという稼ぎ方がありますね。 実際私も…
  6. 沖縄ザビーチタワーホテル
    湧いたマイルで沖縄旅行に行ってきました。 湧いたというよりも、「もらった」と言う方が正しいですが、…
  7. 仮想通貨を稼ぐ
    仮想通貨は何かと世間を賑わせていますね。 流出問題が起こるたびに乱高下を繰り返していて、イマイチ信…

話題をチェック

  1. 生命保険
    生命保険と聞いて「あぁ入っているから大丈夫」と答える人は多いと思いますが、では何の保証がいつまで続き…
  2. 散らかった部屋
    なぜ部屋が汚いとお金が貯まらないのか? 部屋を片付けることができないという人は、「コントロール」が…
  3. 目覚まし時計
    あなたは何時に寝て何時に起きているでしょうか? もちろん、大多数の話ですから、毎日夜勤という方…
学校では教えないお金の知識にあなたの専門知識を寄稿しませんか? 寄稿者募集
写真素材フォトライブラリー
ページ上部へ戻る