youtubeがテレビを超える理由

youtube

それにしてもテレビを見なくなりました。
1日の内で見ているのは、朝起きてストレッチをするついで見る程度。1時間未満です。

その時間は、子供が学校に行く前の時間なので見ているというより、流れているという表現の方が正しいですが。

私の中では、youtubeがTVを追い越す日は近いと考えています。
NHK放送文化研究所:世論調査

テレビがつまらなくなったのか?

ネットを見ると、テレビがつまらなくなったという意見が散見されます。
果たしてそうでしょうか?

私はそう思いません。
確かに、バブル真っ最中の常識破りの番組は確かに面白かった。

コンプライアンス重視の世の中になって過激な番組は姿を消しました。
過激な番組が姿を消したから、テレビはつまらなくなったのか?

絶対的な面白さは、昔よりも工夫されていて格段上だと思います。
編集の技術も段違いですしね。

ではなぜ、テレビがつまらなくなったと言われるのか?
私は、相対的なものだと思います。

昔は、テレビが娯楽の王様でした。
古くはカラーテレビが普及した時から、平成の世の中まで。

テレビはNo1の座を守っていました。
しかし、ネットの普及により、より楽しいものが世に溢れています。
そのため、TVの相対的立ち位置が下がってしまった。というのが正しいと筆者は考えます。

見たいのか見せられているのか?



私がテレビを見なくなった理由それは、「欲しい情報ではないから」です。

多様性のある現代。
人の趣味嗜好は多岐に渡ります。

私の場合は、本業が終わっても個人の仕事があります。
ライターであり、監修者であり、ウェブのコンサルであり、ウェブサイトクリエイターであり、写真家であり、印紙販売業であり、、、

一言で言うと、杉山商店。
本業の不動産業も含めて、好きな仕事を楽しんでやっています。

趣味としては、講談をやったり、投資をしたり、異業種の人と会ったり、24時間をフルに使っています。

複数の事をやっているので、知りたい、得たい情報も当然、相応のものになります。

テレビに私の欲しい情報はありません。
ある場所は、そうyoutube。

私の娘。
今、小学生ですが、学校から帰ってきてもテレビを見ません。
youtubeです。

理由は単純明快。
学校から帰ってくる時間のテレビ番組に娘が見たいと思うものがないからです。

ニーズと提供者の関係はビジネスでも同じ。
極めてシンプルです。

見たいものがある。だから見る。

見たいものを見せないテレビはオワコンと言われてもおかしくありません。

テレビはどうすれば生き残れるのか?

一言で言うと、「専門チャンネル」ではないでしょうか?
BSにはありますよね。

メール読者様限定で「お金の知識」を配信しています。ご登録ください。 merumaga

杉山善昭先生お金の仕組み研究家

投稿者プロフィール

(有)ライフステージ代表取締役、(公社)神奈川県宅建協会中央無料相談所相談員
任意売却に精通する宅地建物取引士であり、金融知識が豊富。
投資家としてビジネスコンサルも手掛ける。
プロフィール続きを見る

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨を稼ぐ
    仮想通貨は何かと世間を賑わせていますね。 流出問題が起こるたびに乱高下を繰り返していて、イマイチ信…
  2. 沖縄ザビーチタワーホテル
    湧いたマイルで沖縄旅行に行ってきました。 湧いたというよりも、「もらった」と言う方が正しいですが、…
  3. 不動産投資
    不動産投資の失敗事例が巷に溢れています。 何故、不動産投資で失敗すると思いますか? その…
  4. 旅行
    ポンと100万円臨時収入が入ってきたら、あなたは何に使いますか? パーッと旅行に行きますか? …
  5. 少額貨幣
    私達は毎日、お金を使って生活をしています。 「私、今日1円も使わなかったよ!」という節約家もい…
  6. 楽天
    ふるさと納税という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思いますが、あなたは活用しているでしょうか? …
  7. ゴージャス
    お金を稼ぐというと、すぐに働いて給料をもらう事に意識が行くと思います。 確かに、世の中のほとん…

話題をチェック

  1. 飛行機
    仕事で大阪に行く頻度が高いでのですが、毎回行き方に悩みます。 値段はもちろん大切ですが、その上…
  2. タワーマンションと横浜
    家賃や住宅ローン。 収入に対する理想的な支払い割合って何割だと思いますか? こんにちは、お金…
  3. kyashというサービスはご存知でしょうか? クレカのカテゴリーでご紹介する通りクレカ。。。と…
学校では教えないお金の知識にあなたの専門知識を寄稿しませんか? 寄稿者募集
ページ上部へ戻る