クレカを制するものは家計を潤す

クレジットカード

クレジットカードは2億7千万枚も発行されているそうです。
大人から幼児まで入れて1人2枚以上という恐るべき枚数です。

そんな身近にあるクレジットカードですが、そもそも持っていない人、利用するクレジットカードをしっかり選択していない人がたくさんいらっしゃいます。

筆者としては非常にモッタイナイな。と感じてしまいます。

そもそも持っていない人としては、「どんどん使ってしまいそうで怖い」「申し込むのが面倒」という理由でクレジットカードを持っていないようですが、金銭的に時間的にとても損しています。

確かにクレジットカードを利用した方が消費額が上昇するという統計もあります。
直接的に現金が出てきませんので、購買抵抗がないからだと思います。

これは逆に言えば、購買抵抗があれば使いすぎを抑制できるとも言えます。
クレカで使った分は手帳やメモ帳に記録しておけば、簡単に使いすぎを防止できますし、今は、スマホのアプリでも家計簿ありますしね。

クレジットカードを使わないリスクがあるのですが、少し触れてみたいと思います。

現金を使って支払いをするということは、その現金を入手する為に銀行に行かなければいけません。
下手をすると、コンビニなどのATMで引き出す事によって、数百円の手数料を支払うことも。

現金を下ろしに行く、時間的手間。
ATM手数料。
これだけでも、積み重なると赤字が増えていきます。

また、多くのクレジットカードは使用することでポイントが付与されます。
0.2~2%程度のポイントですが、こちらも積み重なると大きな違いが生まれます。

収入が変わらなくても、クレジットカードを活用するだけで、旅行に行けます。
実際、筆者はクレジットカードのポイントだけで沖縄家族旅行に行ってきました。

このクレジットカード。
どこのカードでもそれほど変わらないでしょ。と思っている人が多いのですが、実は実は全く違うのです。

端的に言うと、何の目的でクレジットカードを作るのか?
によって、作るべきクレジットカードは変わってきますし、効果ももちろん変わってきます。

筆者が使っているカードは主に三つ。
法人の経費支払い用、個人の支払い用、そして納税用のカードです。

目的は、タダで旅行に行くことです。
あるカードではマイルを。あるカードでは宿泊で使えるポイントをという具合です。。

その目的の為に最適なカードをチョイスして利用してます。

また、どうぜクレジットカードを作るのなら、どのルートで作った方がお得なのか?も重要なポイントです。
デパートなどの特設会場などで作ると、、、大損するかもしれません。

知らぬは損。
知識は得。

このサイトではお得なクレジットカードの作り方の記事もアップしていきますね。
お楽しみに。

メール読者様限定で「お金の知識」を配信しています。ご登録ください。 merumaga

杉山善昭先生宅地建物取引士、投資家

投稿者プロフィール

(有)ライフステージ代表取締役、(公社)神奈川県宅建協会中央無料相談所相談員
任意売却に精通する宅地建物取引士であり、金融知識が豊富。
投資家としてビジネスコンサルも手掛ける。
プロフィール続きを見る

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ブログ画像
    ブログを書いてウェブサイトを運用し、広告掲載による収入を得ようという稼ぎ方がありますね。 実際私も…
  2. 少額貨幣
    私達は毎日、お金を使って生活をしています。 「私、今日1円も使わなかったよ!」という節約家もい…
  3. 楽天
    ふるさと納税という言葉はほとんどの人が聞いた事があると思いますが、あなたは活用しているでしょうか? …
  4. 沖縄ザビーチタワーホテル
    湧いたマイルで沖縄旅行に行ってきました。 湧いたというよりも、「もらった」と言う方が正しいですが、…
  5. 旅行
    ポンと100万円臨時収入が入ってきたら、あなたは何に使いますか? パーッと旅行に行きますか? …
  6. ゴージャス
    お金を稼ぐというと、すぐに働いて給料をもらう事に意識が行くと思います。 確かに、世の中のほとん…
  7. 仮想通貨を稼ぐ
    仮想通貨は何かと世間を賑わせていますね。 流出問題が起こるたびに乱高下を繰り返していて、イマイチ信…

話題をチェック

  1. 投資
    投資と聞くと、スグに株などの金融投資が浮かぶかもしれません。 今なら仮想通貨でしょうか? し…
  2. 住宅ローン
    今回は、住宅ローンの審査についてのお話しです。 そろそろ住宅を購入しようかな。というタイミング…
  3. 連帯保証人
    「連帯保証」と「連帯債務」の違いはご存知でしょうか? 住宅ローンを組む際によく出てくる話ですが…
学校では教えないお金の知識にあなたの専門知識を寄稿しませんか? 寄稿者募集
ページ上部へ戻る